千里の紅茶も、足下より始まる
紅茶なんて全然興味のなかった管理人がヒョンなことから紅茶をいろいろ調べるようになったんです。基礎もなにも知らず、ただただ紅茶を探す毎日です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/07/29(金)   CATEGORY: カフェメモ
第二弾はFUJIYAのマカロン
偶然なのか運命なのか、またもマカロンに出会ってしまいました。今度はFUJIYAのマカロンです。違う場所のおいしいケーキ屋さんに行くつもりだったんですが夜になってたこともあってすでに閉店。でも一回食べたいと思うともうどうしても食べたくなるんですよね~。意地みたいになって開いてる店を捜してたら閉まりかけてるFUJIYAを発見。まだ入り口でペコちゃんが頑張って働いてました。
「ん~こんな時間だけど何かおいしそうなものは残ってないかな~?」
キョロキョロと店の中を眺めてたら…あれ?あのカラフルな丸いモノは?
「お~!マカロンだ。」
こんなところでマカロンと再会するとは。前回、アンリシャルパンティエのを食べてからまだ間もないというのに。しかもイマイチおいしさが理解できなかったのにまた出会うとは。これはきっともう一度チャレンジしてみろとのお菓子の神様のお告げだ…。
「え~っと、1番小さいのでお願いします。」
さすがに怖くて全種類入ったやつは買えませんでした。前回おすそ分けした人たちからは冷たい目で見られながらも再チャレンジです。
FUJIYAのマカロンは一個ずつバラで袋に分けられてました。ん、この方がいい。小さい割りにけっこう重いマカロンは少しずつ食べたいもんね。
さてさてお味の方はどうかな~?

シャワ…もぐもぐ。

お?意外に食べやすいかも♪
外のパリパリ感はそれなりにあって中もしっとり。前回のような大人の香りが少なくて強い甘みも普通にいけました。
「おいしい…かも」
一歩前進です。僕には複雑な大人の風味よりも単純なお菓子味のほうが合ってるのかもしれません。
それにしてもマカロンはやっぱり見た目がいい。なんかで固めて腐らないようにして飾っちゃおっかな~。

★お菓子・デザートの人気blogランキングへ★おいしいブログがいっぱいです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 千里の紅茶も、足下より始まる. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。