千里の紅茶も、足下より始まる
紅茶なんて全然興味のなかった管理人がヒョンなことから紅茶をいろいろ調べるようになったんです。基礎もなにも知らず、ただただ紅茶を探す毎日です。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ティータイムの種類
紅茶といえばイギリス。
そのイギリスでは伝統的に数多くのティータイムの種類があります。

ここではそのイギリスの伝統的なティータイムの種類を紹介していきます。こんなにもティータイムの種類がいっぱいあったのか~って驚かされました。


1、アーリー・ティー(ベッド・ティー)
眠りから起きたばかりのぼんやり頭をすっきり目覚めに導くための寝起き紅茶です。
お通じが良くなる効果もあるみたいです。
起きた瞬間紅茶を飲む、なんかリッチでサワヤカな朝を迎えられそうでいいですね~。


2、ブレックファスト
朝食のときに一緒にとる紅茶です。
トーストやサンドイッチなんかと一緒だと味をひきたててくれますもんねぇ。洋風の朝食には最適かもしれませんね。


3、イレブンジィズ
朝のゴタゴタの後のひとときや仕事の少しの休憩で気分転換に使えるティータイム。ティーブレイクなんていうのかも。
15分くらいのササッとすませる軽い紅茶です。


4、ミッディ・ティーブレイク
午後、おやつの時間のティータイム。これぞ紅茶の時間!ですね。
クッキーなどのカンタンな焼き菓子と一緒に楽しみます。
紅茶初心者の僕はこのティータイムぐらいしか楽しんだことないです。


5、アフタヌーン・ティー
上のミッディ・ティーブレイクと時間は同じなんですが、こちらは休日に催される社交を目的としたティータイム。
サンドイッチやスコーン、ケーキなどの豪華なメニューで楽しみます。


6、ハイ・ティー
コンサートやオペラなどに出かける前に軽い食事と一緒にとる紅茶の時間。夜のお出掛け前のちょっとした腹ごしらえって感じですかね。


7、アフターディナー・ティー
夕食が終わったあとや、就寝前にくつろいだひと時を過ごすための紅茶です。ミルクティー、少しだけウイスキーやブランデーを入れた紅茶で体をあっためてリラックスします。


このほかにもまだまだティータイムはあるかもしれません。
でももうすでにこれだけの種類あると一日中飲み続けになるかもしれません。

イギリス人ってほんとに紅茶が好きなんですね。
それか、紅茶にはそれほどの魅力があるということなのか。
一日中飲み続けても飽きない紅茶。出会ってみたいものですねぇ。

ではティータイムについてはここまでです。
人によって飲み方は様々あるでしょうけど、紅茶の本場イギリスの伝統にのっとって楽しんでみるのもなかなか乙かもしれませんね。

【世界の紅茶】日本カタログショッピング
最高級ダージリン紅茶や一般ではなかなか手に入らない珍しい紅茶を直輸入して、販売しています。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top
Copyright © 千里の紅茶も、足下より始まる. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。